ショーソンの年譜

1855年
1月20日
エルネスト・ショーソン(Ernest Chausson)がパリの第10区にある叔父の家で生まれる。
彼の父(プロスペール・ショーソン Prosper Chausson)は、公共土木事業請負業を営んでおり、 ナポレオン3世時代のパリ美化工事(当時のセーヌ県知事オスマン男爵によって指揮された)に関連して財をなした。

1866年
彼の両親は、病弱であったエルネストの教育を家庭教師レオン・ブルトゥス=ラファルグ(Léon Brethous-Lafargue)に委ねることにした。

1870年
レオン・ブルトゥス=ラファルグを介して、おそらく普仏戦争後、ド・レイサック夫人(Madame de Rayssac)に紹介され、 彼女のサロンへ出入りするようになる。
ド・レイサック夫人のサロンに足繁く通うようになり、様々な芸術家や知識人と交友し、音楽、文学、絵画の才能を開花させる。

1875年
3月12日
父親の意向に従い、法学部門の大学入学資格試験(いわゆるバカロレア)に合格
10月
法学部への進学手続を行った

1876年
4月24日
法学士の資格を取得

1877年
5月7日
弁護士資格を取得

1878年
遅くとも4月頃
ジュール・マスネ(Massnet)に私的に師事する

1879年
8月頃
ドイツ、バイエルン地方を訪問。ミュンヘンで指揮者ヘルマン・レヴィと知り合い、彼のサロンに出入りするようになる。 ミュンヘンのこのサロンで、友人で詩人のモーリス・ブショールと出会い、 また、同国人の作曲家ヴァンサン・ダンディ(Vincent d'Indy)と知り合う。
10月7日
パリ音楽院に自由聴講生としてマスネの管弦楽法の講義、フランクの講義を受講する。

1880年
12月24日
パリ音楽院に正式に入学する。

1881年
1月31日
マスネにより、「並外れた素質、素晴らしい技倆、ローマ対象コンクールに参加可能」と評価される。
5月12日
ローマ対象コンクールに提出するために作曲した、テノール独唱つき男性合唱曲「アラビア人」がコンクール予選に落選。
6月27日
パリ音楽院を自主的に退学する。
9月初め
ヴァイオリンとピアノとチェロのための三重奏曲(作品3)を完成(出版は1919年)。

1882年
4月8日
三重奏曲(作品3)が初演されたものの、全く注目されなかった。
7月
バイロイトを訪問し、フランス人のワーグナー派の面々とともにパルジファルの初演に出席する。
12月23日
国民音楽協会で、作品2の歌曲から4曲(「ナニー」、「イタリアのセレナード」、「最後の葉」、「蜂雀」)が初演された。

1883年
3月31日
交響詩「ヴィヴィアーヌ」(作品5)が初演された。
6月20日
ルノワールの計らいで知り合った、ジャンヌ・エスキュディエ(Jeanne Escudier)と結婚した。
新婚旅行を兼ねてバイロイトを訪問し、パルジファルの公演に出席する。

1884年~1886年にかけて
パリの音楽界の動向に積極的に関与する傍ら、何曲かの歌曲や交響詩、合唱曲などを作曲する。

1886年初め
歌劇「アルテュス王」(作品23)の台本作成に取り掛かる。
「森の中の孤独」と題された交響詩を作曲する。
国民音楽協会(SNM)の書記に就任し、運営に深く関わることとなる。
12月12日
「森の中の孤独」(作品10)が初演される。
聴衆からも批評家からも好意的に受け止められたにも関わらず、この作品は破棄される。

1887年
11月15日
交響詩「ヴィヴィアーヌ」の再オーケストレーションを完成。

1889年
7月半ば
家族でバイロイトを訪れる。 この時初めてドビュッシーと知り合い、数ヵ月後には友人としてドビュッシーはショーソン家をしばしば訪れるようになる。
11月9日
交響曲(作品20)の草稿を仕上げる。

1890年
(ピアノ、ヴァイオリン、弦楽四重奏のための)協奏曲(作品21)の作曲を開始する。
年末頃
交響曲を完成させる。

1891年
4月18日
国民音楽協会で、ショーソン自身の指揮により交響曲が初演される。
6月8日
「協奏曲」の最初の草稿を完成させる。
9月28日
「聖セシリアの伝説」(作品22)を完成させる。

1892年
1月25日
「聖セシリアの伝説」が初演される。
3月4日
ブリュッセルで「協奏曲」が初演される(イザイのヴァイオリン独奏)。
4月30日
パリで「協奏曲」が再演される。
「この音楽家の最上の作品」と批評される。
5月4日
ブリュッセルで「協奏曲」が演奏される(イザイのヴァイオリン独奏)。
5月11日
パリで「協奏曲」が演奏される(イザイのヴァイオリン独奏)。

1893年
6月21日
「愛と海の歌」(作品19)が完成される。

1894年
9月30日
歌劇「アルテュス王」(作品23)の草稿が完成される。

1896年
6月29日
ヴァイオリンとオーケストラのための「詩曲」(作品25)が完成される。
12月27日
ナンシーにて「詩曲」がイザイの独奏により初演される。

1897年
9月
ピアノ四重奏曲(作品30)が完成される。
ドビュッシーの「駆け落ち騒動」を非難したことからドビュッシーはショーソンに対して敵意を感じ、友情は断絶した。

1898年
1月31日
交響詩「祭りの夕べ」(作品32)が完成される。
10月25日
弦楽四重奏曲(作品35)の第1楽章が完成される。
12月17日
「終わりなき歌」(作品37)が完成される。

1899年
1月29日
「終わりなき歌」が初演される。
4月1日
弦楽四重奏曲(作品35)の第2楽章が完成される。
5月
パリ郊外の別荘に移り、弦楽四重奏曲第3楽章の作曲を続ける。
6月10日
午後6時半頃、パリから到着する婦人と子供を迎えに行くために別荘から駅へ自転車で向かう際、 転倒して別荘の門柱に頭部を強打し、即死。
6月15日
葬儀が執り行われた。
6月17日
ロンドンでイザイ独奏により、詩曲が演奏された。

ショーソンの生涯

ショーソンの作品一覧

Pelleasによる独断的ショーソン作品入門

戻る

ホームページへ