マーラー Mahler,Gustav (1860-1911)
オーストリアの作曲家。後期ロマン派の時代を代表する作曲家の一人。生前は、作曲家としてよりも指揮者、音楽監督として有名であり、ウィーン宮廷歌劇場(現在は国立歌劇場)の音楽監督を10年の永きに渡って務め上げた。完成された10曲の交響曲、歌曲で知られる。歌曲と交響曲を結合させようとした、生涯に渡る試みの中で最も成功した例としては、交響曲第8番を挙げることができる。また、管弦楽法にも秀で、演奏効果を上げるために舞台以外の場所に奏者を配置したり、様々な打楽器群を導入するなど、交響曲史上に残る様々な試みを導入し、後の世代に大きな影響を与え続けている。

マーラーのCD紹介はこちら