ラヴェル Ravel,Maurice (1875-1937)
ドビュッシーと並び、フランス近代を代表する作曲家。ドビュッシーが印象派と呼ばれるのに対し、ラヴェルの作風は古典的明快さが特徴である。管弦楽法に優れ、様々な管弦楽曲をはじめ、ピアノ曲も多く残している。数こそ多くないが室内楽曲にも優れた作品を残している。

ラヴェルのCD紹介はこちら