お気に入りのCD/DVD - 交響曲

ジャケット写真をクリックするとAmazon.co.jpの該当商品ページを表示できます。

交響曲のCD/DVDが7件見つかりました。

1件目から7件目まで表示します。

マーラー 交響曲5番
ダニエレ・ガッティ指揮 ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団
この人のマーラーの5番の演奏は、「すごい!」、の一言に尽きてしまう。
何がすごいか?テンポを遅くすべきところは徹底的に遅く、速めるべきところも徹底的に速め、フォルティシモとピアニシモのコントラストも強い、 非常にメリハリの効いた演奏なのです。しかも、テンポの揺らし方、強弱のつけ方、全てが必然的なのです。 この演奏を超えるものは、当分出てこないんじゃないか、と思う。

6月に、大阪、ザ・シンフォニーホールで、このコンビのコンサートがあり、プログラムは、シューベルトの未完成とマーラーの5番でした。
第2楽章、マーラーは楽譜に「嵐のような激しさで」と、書いているそうですが、今回の演奏は、まさに音の嵐! 第2楽章の嵐のごとき激しさ、アダージェットの繊細さ、終楽章は、聴いてて、身体がノッテくる、そういう楽しい演奏でした。
「やはり、音楽は生演奏を聴かな、あかんな」ということを再確認したコンサートでした。

この日のコンサート、演奏が終わって、花束渡す係(?)の女性が、ガッティと、コンサートマスターに いつものように花束を渡すんですが、ガッティが、花束嬢から受け取った花束をもって、舞台の奥の方へ歩いて いって、オーボエ奏者の若い女性に手渡したのが印象的でした。 (オーボエ奏者は少し戸惑ってから、花束下に置いてましたが。)
あういうのを見ると、イタリア人って、ちがうな、と思う。。

マーラー 交響曲第9番
レナード・バーンスタイン指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
このCDには、特別な思い入れがあります。大学に入学してすぐの頃、はじめてのアルバイトでもらった給料で 買ったCDなのです。
今思えば、軽い5月病だったとき、このCDを聴いて、大げさな表現だけど「癒された」と感じたことを覚えています。
バーンスタインの指揮からは、かなり起伏の大きい音楽が紡ぎ出されるのだけれど、そこには恣意的なものはなく、マーラーの 感じていた葛藤を、実感として追体験できます。
とくに、第4楽章は圧巻。これ以上の美しさ、切実さを感じさせる演奏はしばらくは出てこないのでは。。

バーンスタイン指揮のマーラーの9番をライブで聴く事ができるのなら、悪魔に魂を売っても構わない、とさえ思わせる演奏です。

ベリオ シンフォニア
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 リッカルド・シャイー指揮 エレクトリック・フェニックス
ニューヨークフィルの設立125周年記念に、イタリアの作曲家、ルチアーノ・ベリオに委嘱され、1968年から69年にかけて作曲された作品。 5楽章からなる作品ですが、非常に斬新かつユニークなのは第3楽章。第3楽章は、マーラーの交響曲第2番「復活」の第3楽章を下敷きに、 様々な作品の断片が散りばめられています。私は、ストラヴィンスキーの「春の祭典」、ベルクのヴァイオリン協奏曲、ドビュッシーの「海」しか 聴き取れませんでしたが、CDの解説によると、他にもブラームスのヴァイオリン協奏曲や第4交響曲、ラヴェルの「ラ・ヴァルス」や「ダフニスとクロエ」、 ベートーヴェンの第9交響曲や第6交響曲、バッハのブランデンブルク協奏曲や、ブーレーズのプリ・スロン・プリ、ベルリオーズの幻想交響曲などの 断片が引用されているとか。この楽章で、「クラシック音楽版イントロ当てクイズ」を楽しむ、という聴き方も出来そうです。
また、オーケストラと、8人の歌手が共演しているが、8人が会話するような感じで歌っているものの、歌手の声はアンプで増幅され、よく聞き取れないのです。

確か、1993〜94年のシーズンだったと思いますが、井上道義指揮、京都市交響楽団の定期演奏会で「シンフォニア」を演奏された事があり、もちろん演奏会を 聴きに行きました。このときは、井上道義自身が歌詞を日本語に訳し、8人の歌手が歌ったのが、大変印象に残っています。

マーラー 交響曲第9番
ブルーノ・ワルター指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
第2次世界大戦前夜、1938年1月のウィーン。ナチス・ドイツがオーストリアを併合し、ユダヤ人であるマーラーの音楽の演奏が禁止される直前。 非常にキナ臭く、危険なこの時期にも関わらず、ワルターとウィーンフィルはこの曲の演奏に踏み切った。(少なくとも見かけ上は)平和で安穏な 状況に生きる私達には想像すらつかないほどの並々ならない決意と覚悟の上での演奏だったのだろう、と思う。 世界一のヴィルトゥオーゾ集団、ウィーン・フィルのアンサンブルが乱れがちで、演奏会場も騒然としているのが録音に残っている。この演奏会の直後、 ワルターはアメリカへ亡命し、翌年には第2次世界大戦が勃発する。
第1楽章は、ただでさえ葛藤と緊張感に満ちた音楽なのだが、ここでは破滅の予感への恐怖をひしひしと感じさせる、ただならぬ鬼気迫る雰囲気に満ちている。 第2楽章の駆り立てられるような速さのレントラーには強迫的な響きすら感じる。 第3楽章のロンド・ブルレスケは一歩間違うと支離滅裂になり兼ねない、尋常ではない速いテンポ。 第4楽章もかなり速く、通常の演奏であれば感じ取ることのできる安らぎとか慰めという感情ではなく、浄化された悲しみ、 あるいは絶望感とでも言うべきものが感じられる。

デュティユー メタボール/ベルリオーズ 幻想交響曲
チョン・ミュンフン指揮 バスティーユ・オペラ管弦楽団
アンリ・デュティユーは、1916年生まれのフランスの作曲家。作品数はそれほど多くはないものの、現代フランスを代表する作曲家の一人です。 「メタボール」(音楽辞典では「5つの変遷」と書かれていることもあります)は、1965年、ジョージ・セル指揮クリーブランド管弦楽団によって初演された作品。 前衛的な手法は使われていなし変奏曲の形になっていて、現代曲とは言え、かなり聴きやすいです。

ベルリオーズの「幻想交響曲」は、その標題まで含めてあまりにも有名です。 第1楽章では、恋人を象徴する「固定観念」の主題の後のアレグロで疾走する部分での「若い芸術家」の激情を、 第3楽章での、田園の牧歌的な風景とそれに対比する芸術家の内面の不安を、 第4楽章での「芸術家」の処刑を、 第5楽章での悪魔達の饗宴を、 この上なく鮮烈にバスティーユ・オペラは巧みに描いています。
ところで、第4楽章のコーダ、「固定観念」の主題が出てきた後、打楽器と低弦の強奏とそれに続く弦パートのピツィカートは、 「芸術家」をギロチンで処刑して、その首が転がり落ちる、としか想像できないのですが、これって標題に捕われ過ぎた聴き方なのでしょうか?

マーラー 交響曲第8番
ガリー・ベルティーニ指揮 ケルン放送交響楽団他
マーラーの全作品の中で、いろいろな意味において最も巨大な作品ということになれば、この交響曲8番をおいて他にはないと思います。 編成というと、マーラーの交響曲の中でも、おそらく極め付きに様々な楽器が使われていると思います。管楽器、打楽器群はもちろんのこと、 チェレスタ、ピアノ、オルガンを動員し、混声合唱、児童合唱、ソロ歌手8人。 1910年の初演の際には、指揮者(もちろんマーラー自身の指揮)、オーケストラ、合唱団、ソリストあわせて1000人を越したため、 「千人の交響曲」などというあだ名さえつく始末。このあだ名は、編成の巨大さを表す、という意味においては的確なネーミングだったものの、 曲の内容とはかけ離れているせいか、マーラー自身はずいぶんと嫌っていたそうですが・・・。
曲は、というと第1部と第2部に分けられていて、第1部ではラテン語の賛歌「ヴェニ・クレアトール・スピリトゥス(来たれ、創造主なる聖霊よ)」 が歌われ、第2部では、ゲーテの「ファウスト」の第2部最終場、ファウストの魂が天使たちと聖母によって救済される場面を歌っています。 つまり、第1部はラテン語で、第2部はドイツ語で歌われるのです。
第1部の「ヴェニ・クレアトール・スピリトゥス」は、中世イギリスの作曲家、ジョン・ダンスタブルが全く同じ歌詞に曲をつけていて、その曲は 数人の歌手(全て男声)がア・カペラで歌うのです。もっとも、中世の音楽は教会音楽と世俗音楽に別れていて、教会音楽は全て声楽のみでしたが。 ともかく、男声ア・カペラの慎ましやかな曲と比べると、マーラーの音楽は大編成オーケストラ、オルガン伴奏つきで、混声合唱がフォルティシモ で歌い始める、という代物。古楽に慣れ親しんだ耳にはマーラーの音楽は絢爛豪華に聴こえるだろうし、マーラーに慣れ親しんだ耳には ダンスタブルの音楽は非常に素朴でシンプルに聴こえるでしょう。
第2部は、よりマーラーらしい音楽です。大編成のオーケストラを使いながらも、室内アンサンブル的に一部の楽器のみの掛け合いで音楽が流れていき、 掛け合いをするパートが少しづつ移り変わり、曲の最後、「神秘の合唱」でようやく全ての楽器が強奏するのです。
マーラーの8番を聴いていつも思うのです。この曲の最も重要なところは、曲の最後「神秘の合唱」の音楽と歌詞で、それより前の部分(ということは、 曲のほとんど全て!)は、「神秘の合唱」へ至るための長い道筋、あるいは、長大な「前フリ」なのではないか、と。
神秘の合唱の歌詞は
Alles vergängliche
Ist nur ein Gleichnis;
Das Unzulängliche,
Hier wird's Ereignis;
Das Unbeschreibliche
Hier ist's getan
Das Ewig-Weibliche
Zieht uns hinan.
一切の無常のものは
ただ映像に過ぎぬ
及び得なかったものが
ここに行われ
名状しがたいものが
ここに成就した
永遠に女性的なものが
我々を引いて昇らせる
(2005年12月5日 ドイツ語原詩を追記)
というもので、「最後には人間の魂は救済されるのだ」ということをマーラーは言いたかったし、心から信じていたのだろう、と思うのです。

吉松隆 交響曲第4番/トロンボーン協奏曲「オリオン・マシーン」/アトム・ハーツ・クラブ組曲第1番
藤岡幸夫(指揮) BBCフィルハーモニック イアン・バウスフィールド(tb)
吉松隆の最新作、交響曲第4番を収めたCDです。 世界初演は2001年5月29日、大阪にて藤岡の指揮、関西フィルの演奏でした(あいにく私は聴きに行くことが出来なかったのですが)。 このCDへの録音はそれに先立つ2001年3月末であり、もちろん世界初録音。 2000年春の交響曲第3番の世界初演とCDリリースに続くもので、このところの吉松の作曲活動からは目が離せません。
交響曲第4番は、作曲者自身が「Pastoral Toy Symphony」と呼ぶように、可愛らしく洒落っ気に満ちた作品。 交響曲第2番、第3番のエネルギッシュな曲想とは対極にあり、 ピアノ協奏曲「メモ・フローラ」に雰囲気は近いと感じました。 興味を惹かれたのは第2楽章「ワルツ」。ベルリオーズの幻想交響曲やマーラーの交響曲第2番、 その他にもショスタコーヴィチやラヴェルのエコーが聴こえてきます。 第3楽章のアダージェットは、どこか懐かしく優しい雰囲気いっぱいの楽章。 「現代音楽はどうも・・・」という向きにも、ロマン派風のこの楽章だけは聴いて欲しい、と思わずにはいられません。
トロンボーン協奏曲「オリオン・マシーン」は、交響曲第4番とは打って変わって、ジャズやロックの雰囲気いっぱいの作品。 パーカッション群の演奏には原始的ともいえるパワーを感じ、 トロンボーン・ソロを務めるバウスフィールド氏はウィーンフィルの首席奏者だけあり、絶品!
最後の「アトム・クラブ・ハーツ」は弦楽合奏のための小品で、2〜3分程度の楽章4つからなる作品。 ロック、クラシック、ジャズを弦楽合奏で演奏した小品で、気楽に楽しめること請け合いです。

ホームページへ

検索画面