CD/DVD検索結果

ジャケット写真をクリックするとAmazon.co.jpの該当商品ページを表示できます。

ショーソンのCD/DVDが4件見つかりました。

1件目から4件目まで表示します。

ショーソン ピアノ、ヴァイオリン、弦楽四重奏のための協奏曲
Regis Pasquier(violon), Jean-Claude Pennetier(piano), etc.
ショーソン、という作曲家は、お世辞にも有名、とは言えない人で、今年1999年が、没後100年になるのに、母国のフランスでもたいしたイベントはないみたい。。。
私がショーソン、という作曲家を知ったきっかけは、学生時代に買った、とあるヴァイオリン小品集で、ショーソンの「詩曲」を聴いたこと。 その後、当時入り浸っていた名曲喫茶で、ウェイトレスのアルバイトをしていた女の子にこのCDを借り、すっかりショーソンにハマってしまった。(そして、その後、同じCDを自分で買った。)

曲は、というと、繊細で上品なメロディーが漂う中、決してそれだけではない、激しい感情、内省的な想いが見え隠れする。 それは、第3楽章のGraveで、最高潮に達する。非常にエレガントに表現されているけれど、そこからは、ショーソンの心の叫び声が聞えてくる。 第4楽章は、明るさを取り戻すけれど、奥底には、憂愁感が漂う。
ベートーヴェンの(特に中期の)音楽が、「苦悩から勝利への道筋」を指し示すものであったとするならば、ショーソンの音楽は、 「逃れられない苦悩といかに折り合いをつけていくか」を示すものではないか、と思う。
そんなショーソンは、自分なりに音楽的な解決を見出そうとしていた矢先、不可解な自転車事故で、1899年6月、44歳の若さでなくなる。

ショーソン 歌曲集
ジェシー・ノーマン(S)
ショーソンについては別項でも紹介しているのですが、私の最も好きな作曲家の一人です。 今から100年前のフランスの上流階級の家庭に生まれ育ち、幼い頃から絵画や文学、音楽に親しみ、大学では法学を学んで弁護士の資格まで取得した ものの、幼い頃からの音楽への情熱を捨てきれずにマスネやフランクに師事し、20代後半になって作曲を始めたショーソン。時として「素人っぽい」などと 当時のフランスの楽壇から批判された事もあったというが、
「たとえ一頁であっても、人の心にしみ通るものを書かずには倒れたくないと、ただそれだけを願っています。」
と友人に書き送った、その言葉にショーソンの音楽の本質が語り尽くされている、と思います。

このCDに収められている、「愛と海の詩」、「終わりなき歌」は、ショーソンの歌曲を代表する2曲と言っていいと思います。どちらも、ショーソンの特徴である、 おおげさになり過ぎない憂愁をたたえた作品です。

フランク ピアノ五重奏曲/ショーソン 弦楽四重奏曲
Gabriel Tacchino(piano), Quartuor Athenaeum-Enesco
フランクのピアノ五重奏曲は、初演でピアノを受け持ったのが、なんと、サン・サーンス!曲自体も、彼に献呈されています。 しかし、サン・サーンスの振る舞いは無礼極まりないもので、最後の和音が終わるや、ピアノのパート譜を置いたまま、そのまま ステージから出て行ったとか。
第1楽章は暗く激しい序奏で始まり、激しい主題と穏やかな主題とが交互に鳴り響きます。第2楽章は穏やかな、そして哀しげな雰囲気。 第3楽章は、第1楽章で現れた主題を様々に変化させ、最後は和音を2つ、力強く響かせて曲を終えます。

ショーソンは、1899年に不慮の自転車事故で亡くなる、まさにその日まで、弦楽四重奏曲の作曲を行っていました。数小節を残して ほとんど完成していた第3楽章を友人のダンディが完成させ、1900年には初演された、ということです。
「ピアノ、ヴァイオリン、弦楽四重奏のための協奏曲」で見せたような叙情的な雰囲気はやや影をひそめ、より緻密さを増しています。 とは言え、叙情的な、そして愁いを帯びたメロディがショーソンの最大の魅力である事には変わりなく、第1楽章、第2楽章は愁いを帯びた雰囲気。 第3楽章に至って、喜びに溢れた主題が登場し、様々に変化してゆくものの、第3楽章の最後のページを書いている途中で、ショーソンは不可解な 自転車事故で、突然この世を去り、残された楽譜をダンディが完成させます。

ショーソン 室内楽曲集
Philippe Graffin(violoin) Pascal Devoyon(piano) Gary Hoffman(cello) Cahrles Neidich(clarinet)
Chilingirian Quartet
ショーソンの音楽、それも室内楽曲となると、「知る人ぞ知る」と言った感が未だに強いように思われます。 内向的な性格ながらも情熱的なその音楽は、一度聴いて好きになってしまうとその虜になってしまう、という類の音楽です。
1曲目は「詩曲」の、ヴァイオリン、ピアノ、弦楽四重奏版です。もともと「詩曲」はヴァイオリンとオーケストラのために書かれた曲なのですが、 CDのブックレットによるとショーソン自身による編曲版が1996年に発見され、このCDの録音はその編成による世界初録音との事。 ところで、ヴァイオリン、ピアノ、弦楽四重奏という編成は、ショーソンの室内楽の傑作である「ピアノ、ヴァイオリンと弦楽四重奏のための協奏曲」でも 用いられた編成で、この編成による厚い響きがショーソンの好みにはぴったりとしていたのでしょうか。 「トリスタンとイゾルデ」に少し雰囲気の似たこの曲には、あるいはこのような厚い響きの編成が似合っているのかもしれません。
2曲目はピアノ三重奏曲。これはショーソンの初期の作品で、非常に内向的で思いつめたような雰囲気の曲です。初めて聴いたときは「重くて暗い曲」という 印象を持ち、あまり好きではなかったのですが、聴いていくうちにだんだんと好きになっていく、というタイプの曲です。
3曲目は、クラリネットとピアノのための「アンダンテとアレグロ」。作品番号のついてないこの曲は、ピアノ三重奏曲と同じ頃に作曲されたらしい、 比較的初期の作品ですが、ピアノ三重奏曲とは対照的な、明るく軽やかな雰囲気の曲です。
4曲目は、チェロとピアノのための小品。こちらは後期の作品で「詩曲」より少し後の作品。 チェロがおだやかに、そして伸びやかに歌う旋律がとても魅力的。

ホームページへ

検索画面