CD/DVD検索結果

ジャケット写真をクリックするとAmazon.co.jpの該当商品ページを表示できます。

ロータのCD/DVDが2件見つかりました。

1件目から2件目まで表示します。

ニーノ・ロータ 室内楽曲集
Ex Novo Ensamble
ニーノ・ロータ(1911-1979)は、映画音楽の分野で有名な人らしく(私は、映画をほとんど見ないので知りませんでしたが・・・)、 「ゴッドファーザー」などのテーマ音楽を書いているそうです。
20世紀の作曲家であるロータですが、作風は前衛的なものではなく、とても聴きやすいものです。フルートとハープのためのソナタ(1937)と、 フルート、オーボエ、ヴィオラ、チェロ、ハープのための五重奏曲(1935)の2曲は第2次大戦前夜の作品ですが、メロディも響きもひたすら美しくて透明で 聴いているだけで心が洗われる、そんな表現がぴったり来るような曲です。
弦楽四重奏曲(1948)も、穏やかで親しみやすい雰囲気の曲。
フルート、ヴァイオリン、ピアノのための三重奏曲(1958)は、バルトークやジョリヴェなどの一部の作品に見られるようなバーバリズムの影響があるのかな、 と思わせる作品。とは言え、同じくフルートを用いたジョリヴェの「リノスの歌」の方が音響的には斬新。
クラリネット、チェロ、ピアノのための三重奏曲(1973)は、第1楽章では焦燥感を、第2楽章では憂愁感を感じさせる半面、終楽章である第3楽章は プーランクの室内楽のアレグロ楽章にも通じるようなユーモラスな雰囲気。第3楽章だけ聴けばプーランクの室内楽と思ってしまいそう。
20世紀の半ばから後半にかけて活躍したロータの作品は、このCDに収められた作品を聴く限り、穏やかで聴きやすい曲が多く、 これからもっと注目されればいいのに、と思います。

ニーノ・ロータ 室内楽曲集
KREMERata MUSICA
日本ではもっぱら映画音楽の作曲家として有名なニーノ・ロータですが、いわゆるクラシカルな分野、 特に室内楽の分野で親しみやすい、美しい作品を30曲あまりも書き遺しています。 このCDでは、そんな数多くの曲の中から1996年のロッケンハウス音楽祭でライブ収録された数曲が収められています。

「ささやかな音楽の捧げ物」(1943)は、木管五重奏(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン)のためのユーモラスで軽やかな雰囲気の小品。
ハープのためのサラバンドとトッカータ(1945)は、ハープの音色の美しさがとても印象的です。
フルート、ヴァイオリン、ピアノのための三重奏曲(1958)は、急-緩-急の3つの楽章で構成され、 第1楽章冒頭の速いテンポかつフォルテで3つの楽器が競うように演奏するのに耳を惹きつけられます。メロディアスな第2楽章を経て、おもちゃ箱をひっくり返したかのように心楽しい第3楽章も印象的。
ピアノソロのための"Ippolito gioca"(1930)は、11歳から13歳まで作曲を習っていた、イルデブランド・ピツェッティの50歳を祝って作曲されたピアノ小品。
弦楽四重奏を伴奏としたソプラノのための歌曲「イル・プレゼピオ」(1928)は、このCDの演奏が世界初録音。さらに50年ぶりに演奏された、とのこと。 貧しいマリアとヨセフが幼子イエスを寝かしつける、といった歌詞で、悲しく暗い雰囲気の音楽です。
ピアノ曲「子供たちのための七つの難しい作品」(1971)からは、"Cantilena"と"Puccettino nella guingla"の2曲。 Cantilenaは極めてシンプルな旋律、Puccettino nella guinglaは、ややユーモラスなところがある作品です。
ヴィオラとピアノのための間奏曲は1945年ごろの作品。とても悲しげな雰囲気の曲です。
九重奏曲(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)は、1959年から1977年まで、 18年にわたって書かれた作品。 ユーモラスな楽想あり、夕暮れを思わせる淋しい雰囲気の楽想あり、牧歌的な楽想あり・・・。 旋律だけではなく、音色の美しさにも優れた曲です。

ホームページへ

検索画面