お気に入りのCD/DVD

ジャケット写真をクリックするとAmazon.co.jpの該当商品ページを表示できます。

ドビュッシー・プーランク・ルクー ヴァイオリン・ソナタ
小林 美恵(ヴァイオリン) クリスチャン・イヴァルディ(ピアノ)
ドビュッシー、プーランク、ルクーと、フランス近代の3人の作曲家のヴァイオリン・ソナタ集。このCDが小林美恵のデビュー盤だが、 「デビューCDで、プーランクやルクーのソナタという、かなり珍しい選曲をするなんて、どんな人だろう」と思ってCDを買ったことを覚えている。

いざ、CDを聴いてみると、特にルクーのソナタが絶品。ルクー(1870-1894)が21歳のときに作曲したソナタの、みずみずしい繊細さ、激しい情熱、 若さゆえの高い理想、そういったものを、かなり巧みに描いています。

このCDを聴いて、すっかり小林美恵さんのファンになってしまい、昨年秋には、小林美恵さんのヴァイオリン・リサイタルを、自宅から3時間かけて 明石まで聴きに行き、ルクーのソナタを聴きました。この時のピアノは上田晴子さん。この時の演奏は、ピアノとヴァイオリンが、 互いにエネルギーをぶつけ合う、そんな熱演でした。小林美恵、上田晴子のデュオでルクーのソナタを聴けたのは、昨年最大の収穫のひとつでした。

ホームページ